塗る方法以外にも|今ではミノキシジルが、AGA治療に最適な成分だと断言します

塗る方法以外にも

手のひらの薬

現在ミノキシジルには主に2つのタイプがあることを知ってますか?
特に最近何かとAGA患者の間で話題になっているのが、ずばり「ミノキシジルタブレット」になります。
このミノキシジルタブレットというものは、外用となる塗り薬よりもはるかに強い効果を期待することができるようになっています。
そのため、塗り薬ではうまく効果が現れなかった人でも、ミノキシジルタブレットに変えた途端その効果を実感できるようになったりするわけです。
ただし、これについては正確な臨床データが存在しません。
しかしネットなど実際に使用している人の感想を聞くと、その多くの人がミノキシジルタブレットの方が強烈に効くといってたりします。
つまりミノキシジルタブレットの方が塗り薬よりもいいということはほとんど間違いないことだといえるでしょう。

またミノキシジルタブレットの方がよく効くといわれる理由として、頭皮からミノキシジルは吸収されにくいことも挙げられます。
人間の頭皮には外部からの物質を皮膚の内部まで侵入させないようにするためのバリアが存在します。
つまりこのバリアをうまく通過することができないので、ミノキシジルを実際に頭皮に塗っても思うような効果が得られにくくなるということになります。
もちろん完全に効果がないわけではなく、ちゃんと人によっては塗り薬でも発毛効果を実感することはできます。

そしてミノキシジルタブレットの場合は飲むタイプの薬になるので、血流に沿ってそのまま頭皮までミノキシジルの成分が運ばれやすくなっています。
だからこそ飲むタイプの方がその成分の吸収力に期待できるわけです。